水漏れの場合、水が落ちるでは、逆に。

どうでもいいことなんですが、落選するや落ちる、という言葉の他に、
漏れるという言葉があります。
意味合い的には規定の範囲から外れるということには間違いないのですが、
なんだか落ちるより漏れるの方が個人的に緩い気がします。
とはいえ、水漏れの場合、水が落ちるでは、逆にこっちのほうが緩い気もします。
言葉の意味合いって、国どころか地方、
もっと言えば個人でさえ違う場合があります。
Aさんにとっては、たいしたことでないのにBとしてはとても傷つく言葉だったり。
選挙の際の言葉って、ライターがいますけど発する人のエートスもあるので、
さらに複雑になるでしょうね。
ほんと言葉ってなんなのやら。

古くからある営業リストは情報規制ではないように。

よく選挙期間になるとプロパガンダと聞きますが、
具体的になにがプロパガンダであるかの線引きって
曖昧だと私は思うのです。
例えるなら、古くからある営業リストは情報規制ではないように。
広告業は以前は悪だとされていて、
なぜかというとまさに民衆操作に類するからであって、
しかし昨今は明確な嘘でない限りの広告は、通常的な業種、
むしろ憧れる業種のひとつとなっています。
普通の人たちの取捨選択の理解が深まったと言えるかもしれませんが、
私としてはまるで人類のIQが飛躍したような感覚は
おかしい気もするのです。
選挙に広告は必須ですが、
少し斜に見て見るのも必要かもしれませんよ。

公約を読むと思考の台所で水漏れが起こったような。

日本の比例区選挙もそろそろですが、
選挙になるといろいろな人がいるんだなぁ、と変に感心します。
誰それとは言いませんが、こんなので当選する気なのか?
と思ってしまう公約や意見があって、
もしかしたら、何かしらの利害で当選・不当選関係なく出ることに
意義があるのでは、と邪推せざるを得ない人がいます。
こういう人の公約を読むと思考の台所で水漏れが起こったような、
不気味な感覚に襲われます。
万が一にもこの人が当選したら、
一体どうなるのか?そもそも一体どう育ったんだ?
自分で考える力はあるのか?など???で頭が一杯になります。
日本でもこれなんですから、
フリーダムアメリカがわかる訳がないのかも。

首相の携帯が携帯買取に流出して

オバマ大統領がアップルミュージックのマイプレイリストを作った話を
聞いた時、アメリカの自由さを見た気がしました。
偏見かもしれませんが、仮に安倍首相がプレイリストを作っても
あまり関心が持たれない、
もしくは関心はあるけど冷めた目で見られると思うのです。
別に首相の奥さんはきっとBOOWYオンパレードだろ、
とか小泉だったらX-japanだろ、とかそういう皮肉だけでなくて、
なんというか首相のスタイルってアメリカと違って
日本ではよくわからないと思うのです。
解散後、結局何がしたかったんだ?みたいな。
ないと思いますが、首相の携帯が携帯買取に流出して
プレイリストがあって、それが流出したら、
その場合は凄い関心でしょうね。

何でも屋さんって世相を良くわかってるなぁ

官僚支配の日本では、誰が総理大臣になっても
世界へのインパクトは小さいです。
一方、アメリカ大統領選になると世界への影響が多大になるため、
国民レベルでも話題になります。
国民レベルで話題になるのは、選挙結果によっては
自身の生活に大きく影響を及ぼすからです。
大企業であれば、共和党・民主党のどちらかが
政権をとっても対応できるように日頃から準備されていますが、
障子の張りから代理行為、委任行為など
幅広く扱う「何でも屋」では、遠く離れたアメリカ大統領選の結果によって
売り上げが大きく変わります。
物価が上がれば売上が伸びても利益が下がり、
景気が良くなれば雇用の確保が必要になります。
何でも屋の基本スタンスは、客のニーズに応えることで、
仕事の選り好みはしません。
客商売のため、物価上昇分を容易に料金に反映させることは出来ず、
様々なニーズに対応する何でも屋にとって
アメリカ大統領選は重要な関心事になっています。

座間市まで葬儀に行ってきた

友人が沖縄に移住してからすでに20年以上たっていました。
お互い時間がとれなくて、メールやハガキでしか
交流を続けることができませんでしたが、
その友人が亡くなったので座間市で葬儀を行う
という知らせが届きました。
今まで座間市に行ったことはありませんでしたが、
友人の葬儀には絶対に出たいと思ったので、
すぐに飛行機を予約して飛び立ちました。
座間市では本土よりもアメリカについて
関心が高いことを実感する出来事が沢山ありました。
新聞も英字新聞がお店で当然のように置かれており、
人々が交わす会話の内容でアメリカ大統領選についての話題が
多いことに気付きました。
同じ日本でも地域によって話題になることは異なることを実感しました。

話題のアメリカ大統領選の事を家庭教師に教えてもらった

18歳から選挙権が得られる見通しとなり、
高校生にとっても選挙は身近な話題になりつつあります。
また、政治・経済に対して、自分の考えをまとめておくことは、
小論文対策としても有効と考えられます。
東大の家庭教師を依頼するメリットとして、
教科の学習以外にもさまざまな刺激を受けられる点があげられます。
東大生の家庭教師から、アメリカ大統領選について
教えてもらうことができれば、
広い視野で世界の動きを捉えることができます。
幅広い観点から物事を眺めることができるようになれば、
知識が深まり、多面的な考え方ができるようになります。
家庭教師の授業のちょっとした合間に、教養を深める話が聞けることは、
大きな収穫になるでしょう。

autocad ltというソフトを購入しようと思うのだが・・・

アメリカ大統領選では個性的な候補が連日話題をさらっていますが、
私が注目したのは建築物です。
アメリカ大統領選の時期になると、ニュースでも会場や
その周辺の風景が見られるようになりますね。
今も昔も、世界中の人々が憧れる国ですが、
その根底にあるのは合理的にレイアウトされた街並みや
建物ではないでしょうか。
美しい建物を設計するには、当然ながら設計図が重要となります。
建築家の手腕はもちろんのこと、現在はCADと呼ばれる作図方法も
大きなウェイトを占めています。
代表的なソフトウェアはautocad ltで、画面上で
ドラッグ・ドロップを行ったり、座標を入力したりするだけで、
初心者でもCADによる作図が可能となります。
私もautocad ltを購入しようと思っていますが、
アメリカ大統領選のニュースで見られるような、
美しく合理的な建物を手掛けてみたいものです。

家具の施工図の事で相談している時

家具の施工図のことで相談している時、
テレビで流れているニュースからアメリカ大統領選についての情報が
流れてきました。
トランプ大統領が有利との情報で、アメリカ大統領に彼がなった場合
どうなるのか、相談相手と話題になりました。
施工図は、規格に合わせて丁寧に仕上げる必要があります。
少しでもずれが生じると、部品を製作しても、
一つの製品に組み上げることができなくなります。
これと同じく、国のリーダーにだれがなるかよりも、
その政策の中身が重要だという話になりました。
政策がしっかりとしていないと、
彼が大統領になったところでほころびが生じます。
現に、彼の主張はちぐはぐで、時と場合により変化しています。
今後どうなるのか、興味がわいている所です。