話題のアメリカ大統領選の事を家庭教師に教えてもらった

18歳から選挙権が得られる見通しとなり、
高校生にとっても選挙は身近な話題になりつつあります。
また、政治・経済に対して、自分の考えをまとめておくことは、
小論文対策としても有効と考えられます。
東大の家庭教師を依頼するメリットとして、
教科の学習以外にもさまざまな刺激を受けられる点があげられます。
東大生の家庭教師から、アメリカ大統領選について
教えてもらうことができれば、
広い視野で世界の動きを捉えることができます。
幅広い観点から物事を眺めることができるようになれば、
知識が深まり、多面的な考え方ができるようになります。
家庭教師の授業のちょっとした合間に、教養を深める話が聞けることは、
大きな収穫になるでしょう。

autocad ltというソフトを購入しようと思うのだが・・・

アメリカ大統領選では個性的な候補が連日話題をさらっていますが、
私が注目したのは建築物です。
アメリカ大統領選の時期になると、ニュースでも会場や
その周辺の風景が見られるようになりますね。
今も昔も、世界中の人々が憧れる国ですが、
その根底にあるのは合理的にレイアウトされた街並みや
建物ではないでしょうか。
美しい建物を設計するには、当然ながら設計図が重要となります。
建築家の手腕はもちろんのこと、現在はCADと呼ばれる作図方法も
大きなウェイトを占めています。
代表的なソフトウェアはautocad ltで、画面上で
ドラッグ・ドロップを行ったり、座標を入力したりするだけで、
初心者でもCADによる作図が可能となります。
私もautocad ltを購入しようと思っていますが、
アメリカ大統領選のニュースで見られるような、
美しく合理的な建物を手掛けてみたいものです。

家具の施工図の事で相談している時

家具の施工図のことで相談している時、
テレビで流れているニュースからアメリカ大統領選についての情報が
流れてきました。
トランプ大統領が有利との情報で、アメリカ大統領に彼がなった場合
どうなるのか、相談相手と話題になりました。
施工図は、規格に合わせて丁寧に仕上げる必要があります。
少しでもずれが生じると、部品を製作しても、
一つの製品に組み上げることができなくなります。
これと同じく、国のリーダーにだれがなるかよりも、
その政策の中身が重要だという話になりました。
政策がしっかりとしていないと、
彼が大統領になったところでほころびが生じます。
現に、彼の主張はちぐはぐで、時と場合により変化しています。
今後どうなるのか、興味がわいている所です。